生活保護、65歳以上が過半数 昨年度の結果 - 今話題のテーマを自己流解説

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生活保護、65歳以上が過半数 昨年度の結果

厚生労働省は7日、今年3月時点の全国の生活保護受給世帯数が164万1532世帯(概数)だったと発表した。
これで2016年度の月平均は163万7183世帯になり、過去最高を更新したことになる。
65歳以上の高齢者世帯は83万7008世帯で全体の51%を占め、初めて半数を超え、高齢者の貧困が拡大を続けている。


スポンサーリンク



受給者数は、14年度の216万5895人をピークに減少傾向にある一方で、受給世帯数は1993年度から24年連続で増えた。
単身の高齢者世帯が増大する中、無年金・低年金や、核家族化で親族の援助が受けられない高齢者が、貧困に陥っていることが背景にあるとみられる。

 厚労省の15年時点の受給者調査によると、高齢者世帯の半数は無年金で、高齢者世帯が受給を終えた理由は「死亡」が最も多く61%。「社会保障給付金の増加」(3%)や「親類・縁者の引き取り」(2%)を大きく上回っている。

特に理由はないが。
出来るなら、生活保護のお世話にならず一生を終えたいものである。

スポンサーリンク



総務省の家計調査(2014年度)では、夫が65歳以上、妻が60歳以上の夫婦のみの世帯の場合、月平均支出は約27万円だそうだ。
一方支出に対する収入の方は、公的年金のみの場合約21万円。
不足額の6万円は主に貯金を取り崩して賄っているとのこと。

フィナンシャルプランナーの「老後に備える3つのポイント」として
①まずは現状の家計支出を把握する
②家の修繕など特別支出も想定する。
③収入減に合わせて生活コストを見直す。
とあった。

余談だが、毎月6万円を切り崩しているとありますが人生80歳時代、65歳から余命15~20年、トータルで1,000万円~1,500万円の預金が必要となる。

月1万円で1,000万円貯めるのに何年かかるでしょう?
利息を無視すれば何と83年以上かかる。

25歳から初めて、65歳で480万円(利息無視)。

やはり、お金って大切。

1円たりともおろそかにできないとあらためて思った。

スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
定年を間近に控えた会社員です。最近特に面白くないことが、世の中多くなったと思います。そんな今話題のネタを自己流で解説したいと思います。

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。