国民は首相出席の閉会中審査に何を期待する? 質問者にも答弁者にも期待が持てない - 今話題のテーマを自己流解説

記事一覧

国民は首相出席の閉会中審査に何を期待する? 質問者にも答弁者にも期待が持てない

安倍総理が出席する閉会中審査を開くことで与野党が一致し、来週以降の実施で日程調整には入った。

続落している政権支持率を慮ってのことだと思う。


スポンサーリンク



しかし、この閉会中審査に、我々国民は何を期待したらいいのであろう?

前回の閉会中審査を評価する人もいるみたいだが、私は全く評価していない。

獣医学部新設に当たり、「加計ありき」で最初から進められたことにより、行政が歪められたという事実を答弁者から聞き出すことが出来なかったからである。

自民党、公明党、維新の会の質問者は論外にせよ、民進党と共産党の質問者の技量の無ささが目立った。

質問があちこちに飛ぶのではなく、行政が歪められた点に的を絞った質問をすべきである。

今回、安倍総理は二階幹事長と会談し、通常国会での野党との論戦を念頭に「ちょっとむきになったところがあったのを改めて、ソフトに対応していきたい」との意向を示したらしいが、安倍総理は全くわかっていないと言える。

聞かれた事に答えず、聞かれていない事を延々としゃべって時間潰しをする不誠実な答弁姿勢が問題なのである。

この不誠実な答弁姿勢は安倍総理のみでなく、菅官房長官もそうである。

この2人の根っこにある性格に国民が気付いてしまったのである。

それを挽回するのは、正直難しいと思う。

ただ、都政と違い国政では受け皿がまだ出来ていないので、いつもの消極的支持が戻り、支持率が回復するかもしれないが、長期的に挽回できるとは思わない。

それにしても、ムキにならずにソフトに対応すればいいなんて本気で考えているとしたら、この人に総理大臣をさせていた日本という国が情けなくなる。

失われた時間をこれ以上増やすわけにはいかない。
スポンサーリンク


にほんブログ村 ニュースブログ トレンドニュースへ
にほんブログ村



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しーちゃん

Author:しーちゃん
定年を間近に控えた会社員です。最近特に面白くないことが、世の中多くなったと思います。そんな今話題のネタを自己流で解説したいと思います。

月別アーカイブ

フリーエリア